妊娠したセックスの方法について
妊娠したセックスの方法について > 質問 > 夫婦で体調管理はしっかりしている?

夫婦で体調管理はしっかりしている?

妊活のために夫婦で体調管理していますか?

赤ちゃんが欲しいと妊活中のご夫婦に知ってほしいことに、妊娠するための体調管理があります。

日々の生活の乱れは、妊活に悪影響を与えます。

妊娠の確率を高めるために、知っておいた方がいいことを紹介していきますね。

まず今の生活習慣をチェックしてみましょう。

奥さんチェック

  • 適度な運動はしていますか?
  • 睡眠不足ではありませんか?
  • 無理なダイエットをしていませんか?
  • 身体を冷やしてしませんか?
  • 葉酸や鉄分など不足しがちな栄養分はサプリなどで摂取していますか?

女性の妊活で意識して管理しておきたいのが、

【身体を冷やさないこと】

【必要な栄養分の摂取】

の2点です。

妊活は温活

妊活は温活と言われるくらい体の冷えには注意が必要です。

特に普段から体の冷えで悩んでいる女性にとっては、妊娠するためには改善したい症状です。

体の冷えには、「冷え性」と「低体温」の2種類があります。

食生活や生活習慣の乱れから冷え性が始まり、さらに悪化すると体全体が冷えてしまう「低体温」の状態になってしまいます。

冷え対策にはいくつかの方法がありますので、続けやすいと思える方法からお試しください。

  • ハーブティー:リラックス効果もあり、ノンカフェインなのも安心です。
  • 温浴:少しぬるめの湯船に15分~20分くらいつかって体の芯から温まりましょう。
  • 着るもの:上半身よりも下半身(特に足元)を意識して温めましょう。
  • ストレッチ、ヨガ:運動で血のめぐりをよくしましょう
  • 飲食:冷たい飲み物やアイスクリームは控えて、ホットドリンクやスープなど身体を温めるものを摂取する。

 

葉酸・鉄分はサプリで補給

▼葉酸はサプリメントで摂取を推奨

葉酸を摂取したからといって、妊娠する確率が高くなるわけではありません。

葉酸は脳や脊髄の基礎となる神経管という構造物を形成するのに必要な栄養成分です。

必要量を摂取することで、赤ちゃんの先天性異常のリスクを抑えることができます。

しかし注意が必要なのは、摂取のタイミングです。

神経管が作られる妊娠の4~5週ごろです。

妊娠が判明するのは生理が来なくなってからなので、早くても妊娠4週目以降となってしまいます。

それでは必要なタイミングで葉酸が不足していることになります。

そのため葉酸は妊娠する前から、必要量を摂取しておく必要があります。

通常の食生活だけでは必要量の摂取は難しいので、厚生労働省もサプリメントでの摂取を推奨しています。

葉酸摂取についてはこちら>>葉酸サプリ

▼鉄分も葉酸と一緒にサプリで摂取できる

妊娠すると赤ちゃんの分も血液を作らないといけないので、鉄分が不足しがちになります。

鉄分は赤身のお肉やレバー・納豆などに多く含まれていますが、必要量を摂取するには

・牛もも肉:約800g
・納豆:約16~17パック

を食べなければなりません。

さすがにこんな食生活は無理があるので、葉酸同様にサプリメントでの摂取が推奨されています。

サプリメントは、手軽に毎日飲めだけなので続けやすいです。

不足しがちな栄養分は毎日摂取することが大切なので、続けやすいという点からもサプリメントはオススメです。

 

このように妊活をするうえで、女性の体調管理はとても大切です。

妊娠する確率を高めて元気な赤ちゃんを産むためにも、真剣に自分の体調管理を見直してみましょう。

それと同時に、妊活では旦那さんの体調管理も大切になってきます。

どんなことに気をつければいいかというと、下記のことをチェックしてみてください。

 

旦那さんチェック

  • 喫煙や過度の飲酒をしていませんか?
  • 仕事での過度のストレスを感じていませんか?
  • 3日に1回程度は射精していますか?

ここでチェックしにくいのが、旦那さんの射精についてだと思います。

あなたの旦那さんは、2日~3日に1回は射精していますか?

変なことを言うようですが、とても大切なことなんです。

というのも、精子には鮮度があります。

射精しないと古い精子がたまり、精子のDNA損傷率が高くなります。

せっかく排卵日前の妊娠確率の高い時期に性交渉をしても、精子の質が悪いと妊娠できる確率も高くなりません、。

そうならないためにも、2~3日に1回のペースで射精することが大切です。

女性からはなかなか言い出しにくいですが、妊活のためには常に新鮮な精子をストックしておいて欲しいところです。

2日~3日に1回の射精するには、

  • 全て性交渉で射精する
  • 性交渉とマスターベーションで射精する
  • マスターベーションのみで射精して、排卵のタイミングのみ性交渉する

などの方法があります。

どれでもOKですが、できれば2日~3日に1回の性交渉がオススメです。

これなら排卵日を意識しなくても、妊娠の確率を高めることができますから。

週に3回程度の性交渉がオススメの理由を詳しく知りたいならコチラ>>

 

HOME