妊娠したセックスの方法について
妊娠したセックスの方法について > 質問 > 夫婦で協力して妊活をする方法

夫婦で協力して妊活をする方法

夫婦で協力して妊活を進められないのはつらいことですよね。

あなたもパートナーに協力してもらうために、いろいろ努力をしてこられたと思います。

それでもやはり妊活に協力してもらえない・・・。

とても悩ましいことですが、やっぱり協力して子作りをしていきたいですよね。

このページでは夫婦の妊活が、少しでも良い方向に向かうように考えていきたいと思います。

まずは、パートナーが妊活に協力してくれない理由を考えてみましょう。

 

最初から協力的でない場合

最初から妊活に協力的でない場合は、

  • 今はまだ子供が欲しくない
  • 本心では子供を望んていない

ということが考えられます。

理由としては、

  • 経済的に厳しい
  • 親になる自信がない
  • 子育てが不安

などが考えられます。

妊活に協力的でないご夫婦に、解決方法を紹介しています。

いずれの理由も一見するともっともらしい理由です。

でも多くのご夫婦が、同じような悩みを抱えながらも出産して子育てされているのも事実です。

今は国の補助や子育てする環境も、少しずつですが整いつつあります。

将来のことは分からないので不安だとは思いますが、夫婦二人で協力して暮らしていけないかをもう一度話し合ってみましょう。

もちろんご夫婦二人でずっと暮らしていくという選択肢もありです。

大切なのは、夫婦二人で納得して暮らしていけるかどうかということです。

そのためにも、話にくい話題だと思いますが、妊活について話ができるようにしてみましょう。

あなたの本気度が相手にも伝わって、きっと話し合いに応じてくれると思います

 

途中から協力的でなくなった場合

妊活をスタートしたものの途中から協力的でなくなった場合は、性交渉に関する不満やストレスが原因となっています。

多くのご夫婦が妊活をはじめると、排卵日を意識した性生活になってしまいます。

極端な場合は、排卵日の数日前からだけしかセックスしないというご夫婦もいます。

お互いにストレスを感じていなければ、それでも問題はありません。

しかし、妊娠するためのセックスを義務と感じてしまう人も多く、それが続くと大きなストレスとなって不満が溜まっていきます。

排卵日は良くも悪くも、一般的には毎月訪れます。

月に1度のチャンスなので、気合いが入るのも分かります。

だたパートナーと温度差があっては、相手にストレスを感じさせる一方となります。

ストレスがたまった状態が続くと、

女性の場合

  • 生理不順
  • 生理がとまる
  • 排卵しなくなる
  • セックスレス

男性の場合

  • 勃起不全
  • 射精機能の低下
  • 浮気の原因
  • セックスレス

などが現実的に起こってしまうかもしれません。

そうならないためにも、「排卵日」を意識しすぎない性生活がオススメです。

 

セックスを楽しむために見ておきたい動画

排卵と関係ない日でも自然な性欲でセックスを楽しめるように、ご夫婦であれこれ工夫してみてはいかがでしょうか。

男性も女性も努力が必要となりますが、最初は半信半疑でもセックスが楽しめるようになれば自然な性交渉が定着してきます。

子作りのための義務感ではなく、夫婦生活を楽しむためのセックスなら意識しなくても続きますよね。

そのための工夫として参考になるDVDなども発売されています。>>HOWTODVD

累計販売数が3万本を突破している人気DVDです。

多くの人が同じような悩みを抱えて、勇気を出して解決するために行動しているんですね。

公式サイトの口コミをみると、DVDをみて試してみたくなります。

興味のある方は、口コミだけでも読んでみると参考になりますよ。

>>口コミはコチラ

▼▼▼つい試したくなる旦那が喜ぶ秘密のテクニックとは?▼▼▼

 

HOME