妊娠したセックスの方法について
妊娠したセックスの方法について > 質問 > 妊活でNGのストレスは男女でこんなにも違います

妊活でNGのストレスは男女でこんなにも違います

妊活をしていて感じるストレスは男女でかなり違います。

妊活が思うようにいかないと、生理がくるたびにストレスや不安を感じるようになります。

ただでさえガッカリしているのに、旦那さんから「また生理きたの?」なんて言われたら落ち込みますよね。

そのうえ実家や旦那の両親からも「子供はまだ?」なんて会うたびに聞かれたら、ツラさや焦りなどのストレスを感じても仕方ありません。

妊娠できない日々が続くと

「ひょっとして私は不妊症ではないか」

と、どうしようもなく不安になりはじめたりもします。

このように妊活中の女性は、さまざまなストレスを感じながら妊活を続けています。

ルナルナファミリーのサイト内で実施されたアンケートでは、女性の86.1%が妊活中にストレスを感じたと答えています。

アンケートによると、女性が感じるストレスの内容は下記の結果となっています。

  • なかなか妊娠しない焦り:35.0%
  • 自分より遅く結婚した人からの懐妊報告:17.8%
  • ネガティブになる自分に自己嫌悪する:17.2%
  • 結果と努力が結びつかない:15.4%
  • 妊活のことしか考えられなくなる:14.5%

* 調査実施時期 : 2014年 9月30日~10月30日
*調査方法および人数 : 『ルナルナ ファミリー』サイト内にて 1,240名

あなたも同じようなストレスを感じているのではないでしょうか。

そのストレスが、また妊活に悪影響を与えることになりかねません。

また同時に考えなければならないのは、旦那さんもストレスを感じているかもしれないということです。

 

男性も妊活にストレスを感じているんです

ちなみに男性が妊活にストレスを感じるタイミングでは、こんなアンケート結果が出ています。

  • 妊娠できないことをパートナーが悲しんでいるとき:16.8%
  • 自分にできることが何もないと感じるとき:20.3%
  • パートナーが積極的すぎると感じるとき:11.2%

*武田コンシューマーヘルスケア:妊活ジェンダーギャップ調査より

調査結果からの見解では、

「男性のストレスは二次的なもので、女性がイライラしていなければ男性のストレスは生まれないかもしれない」

と書かれています。

これは

「男性は妊活が他人事になっている傾向がある」

とも言えます。

もちろん多くの旦那さんが妊活に協力的で、夫婦で妊娠を望まれています。

ただ、妊活に対して共通認識を持てていない夫婦では、二人の間に温度差がある場合が多いようです。

女性が妊活に協力的でないと感じた男性とのエピソードとして、

  • 予定日になると「疲れている」と応じてもらなかった
  • セックスする日を決められると気持ちも身体もなえると言われた
  • 義務感しか感じないセックスは嫌と言われた
  • 妊活をはじめて、逆に性交渉の回数が減ったorセックスレスになった

などがあります。

夫婦で妊活に対して共通認識を持っていない状況のままだと、このような状態になってしまいがちです。

このままお互いのストレスがどんどんとたまっていくと、さらに悪い状態になるかもしれません。

◎女性の場合ストレスがひどくなると

  • 生理がとまる
  • 排卵しなくなる
  • 性交渉がつらくなる

◎男性のストレスがひどくなると

  • 勃起不全
  • 射精機能の低下
  • 浮気の原因
  • 性交渉がつらくなる

じゃあ、どのようにしてストレスを解消して、ストレスをためないようにすればいいのでしょうか?

 

妊活のストレス解消の方法とは

女性が妊活中に落ち込んだときの対処方法として、ルナルナファミリーのアンケート結果によると、

  • 夫に相談する:30.7%
  • ネットのSNSや掲示板を見る:25.1%
  • 仲の良い友人に相談する:19.6%

という結果になっています。

やはり妊活の悩みは、一緒に妊活しているパートナーに相談している女性が多いです。

他人にはできない踏み込んだ話もできますし、日々の小さな出来事も共有することができるのが心強いと感じているようです。

一方で、ネットやSNSなど面識のない方へ相談する人も増えています。

見ず知らずの第三者だから言いやすいこともあるのも確かです。

さらに旦那さんに相談できない方は、ネットやSNSなどを利用してストレスを解消しています。

 

最近は妊活中の女性が集まる妊活サイトなどが多数あります。

その中では同じような悩みを抱えた妊活中の女性が、多くの人に勇気づけられています。

妊活サイトには妊活中の女性から妊活の先輩まで多くの人が活動しています。

妊活で悩んでいた女性が、見知らぬ女性を励ます側になることもあるほどです。

経験者だからこそ、悩んでいる人のツラさや心の痛みが分かるんですよね。

それに顔も知らない他人だからこそ、相談できることってあります。

そういった存在に助けられることも珍しくないんです。

 

身近に相談できる相手がいれば旦那や友達に相談して、いない場合はネット・SNSを活用すればOKです。

どちらが良いとかではなくて、ストレスを抱えたままにならないことが大切です。

自分にとってリフレッシュできる存在を見つけて、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

 

HOME