妊娠したセックスの方法について
妊娠したセックスの方法について > 質問 > 週に1回は性交渉していて、タイミング法を1年以上は続けている場合

週に1回は性交渉していて、タイミング法を1年以上は続けている場合

週に1回の性交渉でタイミング法を1年以上続けているあなた。

 

「このままだと妊娠できないかもしれません」

 

妊娠の確率を高めるポイントは、セックスの回数を増やすことです。

週に1回の性交渉でタイミング法を1年以上は続けているけど、まだ妊娠できないあなた。

そろそろ「このままで妊娠できるのかな?」と不安を感じ始めている頃ではないでしょうか。

結論から言いますと、このままでは妊娠できる確率は高くないかもしれません。

どうしてかというと、性交渉の回数が少ないからです。

性交渉の回数を増やすことで、妊娠する確率が高くなる理由をこれから紹介していきます。

妊娠できる確率を高くするためには、性交渉の回数を増やすことがオススメです。

 

週2回~3回の性交渉で妊娠する確率がグンと高くなる!

週に2回~3回の性生活を続けていれば、1年で9割の確率で妊娠できると言われています。

これは精子が女性の体内で、2~3日は生きていられることを根拠としています。

つまり週に2~3回性交渉することで、女性の卵管内にいつでも精子が存在することになります。

そうなると、いつ排卵しても妊娠できる状態になっているので、妊娠できる確率が高くなるということです。

 

タイミング法で排卵日を予測して、そこに合わせれば「週1回の性交渉でも大丈夫じゃんじゃない?」と思うかもしれません。

しかし、排卵した卵子は「排卵後10数時間しか受精できない」と言われています。

基礎体温を測って排卵日を予測しても、この短時間を狙って性交渉するのもなかなか難しいです。

それならば常に妊娠できる環境にしておくことで、予測しにくい排卵日を意識せずに妊娠する確率を高くできるのです。

性交渉の回数を増やすことが負担にならないならば、週に2~3回をめどにセックスの回数を増やしてみませんか。

 

性交渉を増やすために女性もちょっと積極的になりませんか!?

1年以上も妊活をしていると、そろそろ性交渉も

  • 妊娠するための義務行為
  • ワンパターンのマンネリ化

という感じになってきているのではないでしょうか。

結婚生活が長くなればなるほど、性生活に新鮮味を感じられなくなるのは多くの夫婦が経験していることです。

そうはいっても妊活のためにエッチしなければならないし、正直しんどいとストレスに感じているかもしれません。

ここで不満を解消するためにも、自分自身もエッチを楽しんでみませんか。

どうしても男性に任せていると、ワンパターンになりがちです。

女性もセックスに積極的になれば、旦那さんもより刺激を感じて今までと違うセックスを楽しめますよ。

方法はいくつかありますが、一番簡単な方法を紹介します。

 

セックスのコツをDVDで勉強しちゃいましょう

セックスのコツを勉強するといっても、AVとかをみるということではないですよ。

ちゃんとした女性向けの「HOW TO SEX DVD」です。

アダルトビデオなどは気持ち悪くて見れないという方でも、露骨ないやらしさはないのでとても見やすいです。

男性を喜ばせるコツやテクニックなどが、分かりやすく説明されているDVDです。

手の動かし方とか男性が喜ぶ反応の仕方も、具体的に知ることができます。

セックスの最中の男性の心理なども解説されているので、セックスについて幅広くカバーされています。

 

早く試してみたくなる

それに口コミで多いのが、DVDを見ていると「早く試してみたくなる」ということです。

自分でもできそうなテクニックがいろいろ紹介されているので、知れば知るほど実践してみたくなります。

中には勉強でムラムラしちゃって、一人でしちゃう人もチラホラといるみたいです。

それくらい性に関して積極的になれるので、少しマンネリを感じている方にはオススメです。

実際に購入して実践してみた人の口コミもたくさん見れるので、興味のある人はチェックしてみてください。>>ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

▼▼▼口コミを読むだけでジュンとしちゃう(恥)▼▼▼

 

HOME