妊娠したセックスの方法について
妊娠したセックスの方法について > 質問 > 週1回の性交渉はしてるけど、タイミング法をする予定はない場合

週1回の性交渉はしてるけど、タイミング法をする予定はない場合

週に1回の性交渉を1年以上続けているあなた。

 

「このままだと妊娠できないかもしれません」

 

週に1回のセックスでは回数が少ないので、妊娠する確率が高くならないんです。

タイミング法については排卵日の予測が難しいこともあるので、絶対にしないといけないということでもありません。

でも、一つ改善したほうがいいことがあります。

それは性交渉の回数が、週に1回だと少ないということです。

 

週1回は性交渉では回数が少ない

妊活で週1回の性交渉では少ないです。週に2回以上がオススメです。

妊娠する確率を上げるには、セックスの回数も重要です。

オススメの性交渉の回数は、週に2~3回です。

どうして週2~3回がオススメかというと、精子の寿命に関係してきます。

精子は膣内で射精されてから、卵管内で2~3日は生存しています。

ということは、週に2~3回の性交渉をすれば女性の卵管内にいつも精子が存在することになります。

そうなると、女性はいつ排卵しても妊娠できる可能性がある状態になります。

 

タイミング法ではこのタイミングを狙って性交渉をするのですが、これがなかなか難しいんです。

排卵した卵子は排卵後10数時間しか受精できないので、少しタイミングがずれると妊娠できないからです。

毎日基礎体温を測っても、正確な排卵日を予測するのは個人では難しいとされています。

それならば常に妊娠できる環境にしておくほうが難しいことをしなくてすむし、妊娠する確率も高くできます。

週に2~3回の性交渉が負担にならないのであれば、セックスの回数を増やしてみませんか。

不妊症などの症状がなければ、1年間で9割の方が妊娠すると言われています。

でも週に2回~3回もセックスするのは、ちょっとしんどいという方もいるかもしれません。

そもそもセックスに満足していれば、週に2回~3回くらいはエッチしてますもんね。

では、性交渉の回数を増やすために、セックスを楽しむ方法も紹介してみます。

 

セックスの回数を楽しみながら増やす方法

妊活は楽しみながら性交渉ができると続けやすいです。

新婚当初なら夫婦ともに性欲旺盛で、週に2~3回のセックスも問題ないかもしれません。

しかし時間の経過とともにセックスに新鮮味がなくなり、マンネリを感じてしまうのは多くの夫婦が経験していることです。

そのままでは性交渉の回数も少しずつ減っていき、妊娠する確率も下がってしまいます。

そうならないためにも、夫婦でセックスを楽しむようにすることが大切です。

 

セックスを楽しむと簡単に言っても、女性にはなかなかハードルが高いことだと思います。

男性ならAVとかみていろんなことを知ってるだろうけど、女性はセックスの知識もあまりないですしね。

でもそんなことも言っていられません。

今までは受け身のセックスでよかったけど、マンネリになってきたら女性も積極的にならないとセックスレスにもなりかねません。

そうは言っても積極的になるって、正直どうしたらいいか分からないですよね。

私も男性経験がそんなになかったので、このDVDみて参考にしました。

まさかAVみて勉強もできませんからね。

女性のためのセックスに関するテクニックや知識が分かりやすく紹介されているのですが、下品な感じがないのですんなりみれました。

不思議なのが、DVDみてると実際に試してみたくなるんですよね~。

特に商品を買って実際に試した人の口コミを読むと、

「エッチが楽しみになりました」
「忘れていた気持ちを思い出せました」
「こんな風なやり方があるんだ」
「いつもより長く、たくさん愛してくれました」

なんてのを読むと、「そうそう」とうなずいてしまいました。

大きな声では言えないけど、

「見ているうちにうずいてきて、男性に実践する前に一人でしてしまいました(恥)」

という口コミも実は多いんです。

恥ずかしいけど、私も同じ経験をしちゃいました。

販売総数3万枚ってスゴイけど、それだけ多くの女性が積極的になりたいって思って行動したのもスゴイなって思いました。

口コミやサンプル動画も見れるので、興味のある人はチェックしてみてください。>>ラブタイムの秘密の48テクニック収録★HOW TO SEX DVD【LOVE48】

▼▼▼つい試したくなる旦那が喜ぶ秘密のテクニックとは?▼▼▼

 

HOME